SUMMARY
2016.08.23

【飲んで、明日も頑張ろう!】47都道府県の地ビール全部まとめました【保存版】

SHARE :
1
この記事をSNSでシェアする :

みなさん、毎日この暑い中本当にお疲れ様です。こんな体力が奪われる真夏の季節は、仕事帰りにキンキンに冷えたビールを「ぐびっ、ぐびっ」と飲み干すことが日々の疲れを軽減してくれますよね。

ただ、近年は普通の生ビールではなく、地ビール(クラフトビール)と言われる少量生産の個性溢れるビールが人気なのをご存知でしょうか?

主にアメリカやヨーロッパで、その土地の需要を満たす目的で作られた地産地消のビールですが、現在では日本でも全国に渡って味・質にこだわって醸造されているのです。

そこで今回は、いろんな味を楽しみたいという人のために、日本全国47都道府県の美味しい地ビールを一気に紹介します。これを飲んで、明日からも仕事頑張っていきましょう。

【北海道】小樽ビール

萌木七海さん(@mokinami)が投稿した写真

「小樽ビール」は、水・麦芽・ホップ・酵母のみでビールを醸造する「ビール純粋令」により、200年以上前から受け継がれた醸造方法を用いて造られた伝統的な地ビールです。

ホップのフルーティーな甘い香りと、芳ばしい麦芽の匂いが飲む前から楽しませてくれます。口にした瞬間に「これぞ麦!」と言わんばかりの味わいが感動をもたらすでしょう。

『小樽ビール銭函醸造所』
http://otarubeer.com/jp/

【青森】奥入瀬ビール

「奥入瀬ビール」は、道の駅「奥入瀬ろまんパーク」にある地ビール醸造所「奥入瀬麦酒館」で醸造している地域限定ビールです。

選び抜かれた麦芽とホップを奥入瀬の源流水で仕込むという、並々ならぬこだわりがあり、その清らかな水から生まれる爽やかなのどごしがたまりません。

『財団法人十和田ふるさと活性公社』
http://www.oirase.or.jp/

【岩手】銀河高原ビール

岩手に縁のある作家「宮沢賢治」生誕100周年ということから「銀河高原ビール」と名付けられ、特にヴァイツェン(小麦麦芽)にこだわって造られているビールです。

ヴァイツェンにこだわることで甘み・コクが増し、女性でも飲みやすいのが特徴です。

『東日本沢内総合開発株式会社』
http://www.gingakogenbeer.com/

【秋田】田沢湖ビール

「田沢湖ビール」は、日本一のブナの巨木が育った“和賀山塊”の清冽な伏流水、上質なドイツ産厳選モルトと地元秋田県産モルトを使用。また、ホップは世界最高級「ザーツザーツ」を使用しており、個性溢れる地ビールです。

酵母を一切ろ過せずに造った、酵母が生きた生ビールで、手間と材料にこだわった贅沢な逸品を、是非ご堪能ください。

『株式会社わらび座』
http://www.warabi.or.jp/beer/

【宮城】伊達政宗麦酒

「伊達政宗麦酒」は、登米市の長沼環境開発で誕生。伊達政宗や政宗の家臣の名前が付けられたユニークな地ビールです。

きめ細やかでまろやかな口当たりで、日本人向けに薄めのスッキリとした味わいに仕上げています。ビールの苦味が苦手な人でも美味しく飲むことができますね。

『サンケーヘルス株式会社』
http://www.matsushimabeer.com/

【山形】地ビール月山

「地ビール月山」は、本場ドイツの原材料と名水百選にも選ばれる「月山自然水」を使用し、世界でも名高いカスパー・シュルツ社の醸造機器とドイツの醸造技術で造られた地ビールです。

酵母を除去せずに造るので、カルシウム・ミネラル・ビタミン、そして細胞を若返らせると言われる核酸が豊富で、健康的なビールとしても知られています。

『西川町総合開発株式会社』
http://www.gassan-shop.com/

【福島】みちのく福島路ビール

「みちのく福島路ビール」は、「素材+手作り=美味しい!」のキャッチコピーをもとに、吾妻山の美味しい水とヨーロッパの麦などを使用しています。時間と手間をかけ、一つひとつの工程をすべて手作業で造っている、愛情のこもった地ビールです。

人工的なものを一切加えない、自然が生み出す本来のビールの極みを堪能することができます。

『有限会社福島路ビール』
http://www.f-beer.com/

【栃木】那須高原ビール

ビール酵母に、シミ・シワを防ぐ核酸が豊富に含まれており、アンチエイジングの助けになる。そんな美容・健康にこだわった地ビールです。

那須には天皇の別荘である御用邸があることから皇室とのかかわりは深く、敬宮愛子さまのご誕生を記念して「愛」という那須高原ビールが造られました。それが皇太子ご一家の目に止まり、皇太子様から「美味しかったとお伝えください」とお言葉をもらったといいます。

『那須高原ビール株式会社』
http://www.nasukohgenbeer.co.jp/

【茨城】常陸野ネストビール

なぎこさん(@nagiko_86)が投稿した写真

平成8年より、歴史ある酒蔵「木内酒造」が醸造している地ビールです。イギリスやベルギーから輸入される最上級原料で造られており、味もさることながら、バラエティの豊富さには驚かされます。

ビールのラベルに描かれているイメージキャラクターのフクロウは、とても可愛らしく人気なので、プレゼントや贈答品にもピッタリです。

『木内酒造合同会社』
http://www.kodawari.cc/

【群馬】嬬恋物語

「嬬恋高原」は、嬬恋高原ブルワリーで醸造されており、とにかくキレ味が良い、スッキリと飲める黒ビールです。

味の苦みは強いですが、飲み口がスッキリしているので「ゴクゴク」と水のように飲めてしまいます。汗をかく真夏の季節に気持ちのよいのどごしを堪能したい逸品です。

『嬬恋高原ブルワリー』
http://www.tsumabru.com/

【千葉】九十九里オーシャンビール

「九十九里オーシャンビール」は、創業明治16年の蔵元が造る地ビールです。ドイツの「ビール純粋令」に基づき、忠実に麦芽とホップ、酵母、水だけを原料としています。

4種類の地ビールを醸造しており、香りのバイツェン、味のペールエール、喉越しのピルスナー、どっしり旨口のスタウトというように、それぞれの持つ特徴がビール愛好家の喉をうならせます。

『合資会社 寒菊銘醸』
http://www.kankiku.com/

【埼玉】COEDO(コエドビール)

「COEDO」は、埼玉県川越にあるたコエドブルワリーが醸造しているプレミアムビールです。2010年には「ヨーロピアンビアスターアワード(スペシャルビール部門)」で、「COEDO 紅赤 -Beniaka-」 が日本初となるゴールドメダルを獲得しました。

“土産物”として醸造するのではなく、丁寧な製法と天然素材にとことんこだわるという独自の路線を貫き、本格的な味わいを楽しむことができます。

『株式会社協同商事コエドブルワリー』
http://www.coedobrewery.com/

【東京】赤坂ビール

「ホッピービバレッジ」は、あのビール風低アルコール飲料「ホッピー」を製造する会社の地ビールです。同社が本社醸造所の所在地である赤坂から名前を付けた「赤坂ビール」をはじめ、深大寺、日本橋、調布と種類は続々と増えています。

高い品質と安定した味わいが高い評価を生み、ホッピーで培われる独自の醸造力を生かしたクラフトビール造りは、根強いファンを多く生み出しています。

『ホッピービバレッジ株式会社』
http://www.hoppy-happy.com/info/index.html

【神奈川】ゴールデンエール

bebeさん(@bebe.jp)が投稿した写真

日本で地ビールを造り始めたのは1997年、神奈川厚木市のビール工場ができてからと言われています。「サンクトガーレン」は、その元祖地ビール会社として知られています。

一番人気は、淡い金色のゴールデンエール。比較的高温で発酵させる「上面発酵製法」で造られ、世界の様々な大会での受賞歴をもつこの会社のビールは、まさにワールドクラスのエールビールです。

『サンクトガーレン有限会社』
http://www.sanktgallenbrewery.com/

【長野】よなよなエール

「ヤッホー・ブルーイング」は、地ビール業界でも成長著しく、名実共にとてもよく知られている会社です。

コンビニの棚にもよく並び、定番の「よなよなエール」をはじめ、女性でも飲みやすい「水曜日のネコ」など新商品も続々開発されて豊富なラインナップを誇ります。

『株式会社ヤッホー・ブルーイング』
http://yonasato.com/

【新潟】ニイガタビール

「ニイガタビール」は、日本で初の瓶内発酵・瓶内熟成を採用した醸造所として有名です。自然発酵による「熟成ビールを気軽に」をコンセプトに美味しいビール造りをしています。

伝統製法によるビールだけでなく、エールや発泡酒などバラエティ豊かな製品ラインナップを揃えており、マンゴーや桜を使用した変わり種の発泡酒もあり、新商品の開発に余念がありません。その中でも「エスプレッソ」は黒ビールの旨味をさらに引き出した一品です。

『新潟麦酒株式会社』
http://www.niigatabeer.jp/

【富山】宇奈月ビール

「宇奈月ビール」は「道の駅うなづき」で販売されている、黒部川の名水と地元産の黒部産二条麦を原料とした活きた酵母入りの地ビールです。

キレのある十字峡(ケルシュ)、フルーティなトロッコ(アルト)、芳醇なカモシカ(ボック)の3種類があります。酵母にはミネラルとビタミンが豊富に含まれている上に香りもよく、飲む時の雰囲気を醸し出してくれます。

『宇奈月ビール株式会社』
http://www.unazuki-beer.jp/

【石川】奥能登ビール日本海倶楽部

「奥能登日本海倶楽部」は、チェコの伝統的な製法で造られる地ビールです。麦芽、ホップ、ビール酵母のみを使用したモルト100%の生ビールは、自然食品と言ってもいいでしょう。

ビール酵母には、必須アミノ酸がバランスよく含まれ、ビタミンB1・B2・B6などのビタミン類やミネラルも豊富。 栄養たっぷりの美容と健康によい宝物ビールなのです。

『Heart&Beer日本海倶楽部』
http://www.nihonkai-club.com/index.shtml

【福井】若狭ビール

若狭ビール♫ #若狭ビール #若狭 #和田浜 #FamiLiarBeachBar

純*۶•ﻌ•✿ฅ"さん(@kumajun0923)が投稿した写真 –

「若狭ビール」は、「若狭・シーサイド・ブルワリー」という海辺の地ビール醸造所で造られた地ビールです。

原料には、カナディアンロッキーの名水に育まれた有機栽培のモルト、ワシントン山脈で栽培されたアロマホップを使用しています。若狭の清冽な湧き水で醸造された逸品。酵母を自然のままに生かした上面発酵ビールをご賞味あれ。

『株式会社千鳥苑』
https://www.heshiko.com/

【山梨】八ヶ岳地ビール タッチダウン

「八ヶ岳地ビール タッチダウン」は、八ヶ岳の山麓からの湧く天然水とドイツの生酵母を使用して、麦本来の旨味を引き出す「デコクション法」で一ヶ月以上熟成して醸造されています。

キレ味とスッキリ感が抜群で、苦みがあまりなく、女性でも「ゴクゴク」飲める地ビールです。

『八ヶ岳ブルワリー』
http://yatsugatake-beer.com/

【岐阜】飛騨高山麦酒

#お土産 #飛騨高山土産 #飛騨高山麦酒

@milkn8が投稿した写真 –

「飛騨高山麦酒」は、英国系ビールの技術、飛騨の環境を活かして造られる地ビールです。原材料は麦芽100%で、こだわりの水は地下180mから汲み上げた北アルプスの天然水を使用しています。

キリっと冷やしてのど越しを楽しみむも良し、魚に合わせて深い味わいを選ぶも良し。どんなシーンでも合うビールなので、是非自分の楽しみ方を探してみてください。

『有限会社 農業法人 飛騨高山麦酒』
http://beer.daisuki8.com/410.html

【静岡】ベアードビール

「ベアードビール」は、ベアードブライアン、ベアードさゆり夫婦が設立した醸造所の地ビール会社です。「ビールを祝福する」をテーマに、個性ある品質の高いビールを多種製造しています。その注目度は非常に高く、新商品が出るたびに多くのファンを虜にしています。

中目黒、原宿、馬車道、沼津、修善寺と続々と直営店を展開しており、クラフトビール業界でも存在感を出してきています。

『ベアードビール』
http://bairdbeer.com/ja/

【愛知】金しゃちビール

yuukaさん(@yuuka_xxx6)が投稿した写真

「金しゃちビール」は、大手ビールメーカーにない品質・特徴あるビール造りを目指し、平成8年当時の政府の規制緩和策の折に創業したクラフトビールメーカーによる地ビールです。

一過性で出来上がった地ビールというものではなく、「お客様に喜ばれる高品質のビールを醸造する!」という100年の夢を受け継いだ完成度の高い地ビールを提供。 ルビー色の外観と程よいモルトの風味が特徴で、バランスよく、飽きない香味を持っています。

『盛田金しゃちビール株式会社』
http://www.kinshachi.jp/

【三重】上馬ビール(あげうま)

「上馬ビール」は、本場ドイツの原料を使ったこだわりの地ビールです。100年前の本物ビールを再現するため、ドイツ直輸入の有機無農薬麦芽と有機ホップのみを使用した「オーガニックビール」であることが特徴です。

厳格な基準を設けていることで有名な、ドイツのBCS OKO-GARANTIEの有機認証を受けた有機無農薬麦芽、同じくドイツのABCertの有機認証を受けた有機ホップを100%使用というこだわり! 水は養老山系のミネラル水を使っています。

『細川酒造株式会社』
http://www.ji-beer.co.jp/

【大阪】箕面ビール

お友達が嬉しい差し入れ持ってきてくれた〜 #箕面ビール#minohbeer

A photo posted by chikoton (@chikoton1104) on

「箕面(みのお)ビール」は、定番のピルスナーから、ペールエール、ヴァイツェン、濃厚なW-IPA、限定醸造のこざるIPAなど、ラインナップが豊富なことで知られます。

全てのビールが酵母をろ過せずにそのまま瓶詰めされています。「無濾過・非熱処理ビール」として、健康・美容にも優れた本格さが魅力の逸品。

『箕面ブルワリー』
http://www.minoh-beer.jp/

【兵庫】明石ビール

明石ビール。うまかった(o ̄∇ ̄o) #明石#魚の棚##明石ビール

A photo posted by kyo-ichi(◍˃̶ᗜ˂̶◍)ノ" (@ebbro_ixo) on

「明石ビール」は、地域性を生かした「西灘」の水と、厳選された麦芽を使用しています。

本場ドイツ・チェコからアロマホップを取り寄せ、一から丁寧に造った一品。また、「明石ビール」は品質にこだわった製品造りの結果、UQ(ユニファイド・クオリティー)賞を受賞し、本当に美味しい地ビールとして日本から認められている、まさに日本有数の逸品です。

『明石ブルワリー』
http://www.akashi-beer.com/brand

【京都】黄桜麦酒

大手蔵元「黄桜」が1995年より製造を開始し、京都で初めて造られた地ビールです。京都大学の植物遺伝学、早稲田大学のエジプト考古学が協力して生まれた「ナイル物語」が有名です。

色は淡い山吹色で、名水「伏水」と清酒酵母を使用した清酒風味がほのかに香るまろやかな味わい。香りが良く、さっぱりしている中にコクがあるのが特徴です。
 
『黄桜京都麦酒』
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

【滋賀】長浜浪漫ビール

@ayakiiiiinが投稿した写真

「長浜浪漫ビール」は、湖国を愛しビールを愛する人々が、米藏を改装して造ったブルワリーで製造している地ビールです。

麦芽、ホップ、イーストのみをふんだんに使用し、加熱処理を行わない製法によって酵母を生かした自然派のビールになっています。

『長浜浪漫ビール』
http://www.romanbeer.com/

【奈良】曽爾高原ビール

「曽爾高原ビール」は、豊かな自然を活かしたファームパークで造られた地ビールです。

原料には地元の涌き水を使用し、本場ドイツ・ブルーマイスターから受け継がれた技術を駆使して製造しています。非加熱・無ろ過なので、酵母が生きたまま入った栄養がいっぱいのビールに仕上がっています。

『財団法人 曽爾村観光振興公社』
http://soni-kogen.com/

【和歌山】ナギサビール

「ナギサビール」は、南紀白浜を拠点としたビール醸造所で造られた地ビールです。新工場に移転してから製造能力は大幅に上がり、新しいスタイルのビールも次々に増えていきます。

仕込み水には、地元が誇る名水「南紀白浜 富田の水」を使用し、麦芽100%で厳選した5種のモルト、5種のホップを配合。無ろ過・非熱処理で製造する、自然味溢れるビールです。

『ナギサビール』
http://www.nagisa.co.jp/

【鳥取】大山Gビール

yunpiさん(@helloyunpi)が投稿した写真

「大山Gビール」は、国立公園大山の麓にある豊かな大山の伏流水を使って仕込んだ地ビールです。良質な伏流水を使用することにより、風味バランスが整えられ、口当たりがやわらかくスッキリとした味わいになっています。

原料のホップは醸造所のすぐそばにある畑のホップを使用。また、季節限定ビール「大山ゴールド」に使われているのは、鳥取産の「ダイセンゴールド」という大山固有の品種で、この場所でしか作れない地域の味を造りだしています。

『久米桜株式会社』
http://g-beer.jp/

【島根】松江地ビール ビアへるん

「松江地ビール ビアへるん」は、ビールで有名な国々の伝統的な製法を使い、日本人の味覚に合わせて造り上げた地ビールです。

スタウト、ピルスナー、ペールエール、ヴァイツェンの4種類すべて「国際ビール大賞」で金、もしくは銀賞を受賞した一流の地ビールなのです。醸造している「松江堀川地ビール館」のビールカウンターあるいはビアホールにて、ぜひご賞味ください。

『島根ビール株式会社』
http://www.ichibata.co.jp/jibeer/

【岡山】独歩・倉敷麦酒

#blythe #ブライス #ミディブライス #独歩ビール #岡山 #地ビール ノドが乾いては戦はできぬ!

きょうこの閃き遊園地さん(@kyoko569)が投稿した写真 –

「独歩ビール」は、ブラウマイスター(醸造技師)指導の下、岡山の美味しい水に麦芽、ホップ酵母など全てドイツの最高級の原材料から製造されている地ビールです。

特徴としては、主原料のこだわりはもちろん、果汁を使用したビールなど多種多様な地ビールがあり、愛酒家を楽しませてくれます。さらに、生きた酵母入りなので栄養、美容にも良いです。

『宮下酒造』
http://www.msb.co.jp/

【広島】海軍さんの麦酒

呉の地ビールである「海軍さんの麦酒」は、厳選されたドイツ産の麦芽、ホップ、酵母を使用し、呉の名水「灰が峰の湧水」で造った地ビールです。

生きた酵母を使用しているので、工場内の温度にも細心の注意を払った品質管理をされています。また、「海軍さんの麦酒」を幅広い層に認知してもらうため、年間を通して多種多様な限定ビールの醸造も行ってるので、要チェックです!

『呉ビール株式会社』
http://www.kurebeer.com/index.html

【山口】山口地ビール

@ha_alashow_wが投稿した写真

「山口地ビール」は、天然ミネラルを豊富に含んている鳴滝の名水を使用し、ビール職人が五感で仕上げた地ビールです。

まろやかで香りが良く、コクと深みがある究極の味わい。そして、酵母は生きているので、栄養もどっさり含まれています。2010年には、「モンド・セレクション最高金賞」を受賞し、世界に認められた地ビールなのです。

『やまぐち鳴滝高原ブルワリー』
http://www.yamaguchi-jibeer.com/index.html

【徳島】KAMIKATZ

徳島県上勝町にある醸造所「RISE&WIN BREWING(ライズアンドウィンブルーイング)」で、廃棄対象になる上勝特産の柚香の皮を香りづけに使ったクラフトビールです。

IPA、ルーヴェン、ペールエール、スタウトと、それぞれ個性溢れるビールを上勝町という大自然の環境の中で造り上げています。醸造所では、BBQと一緒に提供しているので、近くまで来た際には是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

『RISE&WIN BREWING』
http://www.kamikatz.jp/toppage.html

【香川】さぬきビール

「さぬきビール」は、瀬戸内海の温暖な気候と風土に育まれた厳選素材を使用し、本場ドイツビールのような味わいを出すよう、独自の方法で製造されて生まれた地ビールです。

ドイツビールのような味わいを目指した努力が詰まったこのオリジナルビール、四国を訪れた際は口にしたいものです。

『香川ブルワリー』
http://www.sanuki-beer.com/index.html

【愛媛】道後ビール

せなさん(@senachance)が投稿した写真

「道後ビール」は、道後温泉が始まった明治28年より、酒造を始めた歴史ある蔵元で製造された地ビールです。酒造りに欠かせない水仕込みには熟田津の良水を使用しているため、特有のキレが自慢です。

非熱処理で酵母たっぷりな栄養抜群のビールなので味わいも良く、温泉上がりに「グビっ」といくと至福のひとときが味わえるでしょう。

『水口酒造』
http://www.dogobeer.co.jp/

【高知】土佐黒潮ビール

tosa-kuroshio
画像出典:http://craftbeer.junkword.net/kochi/tosa-kuroshio.php

「土佐黒潮ビール」は、ピルスナー発祥のチェコから取り寄せた源泉素材を使用した地ビールです。チェコ・ピルゼン地方のビール職人の製法に基いた伝統的な製法で造られ、きめ細かくしっかりした泡が特徴です。

端麗辛口な土佐黒潮、チェコ産のスペシャルモルトを使う黒潮の狩人、フルーティな海辺の果樹園の3種があり、高知のエスニックな魚料理との相性はバツグン!

『土佐黒潮ビール』
http://www.umibenokajuen.co.jp/

【福岡】杉能舎ビール

「杉能舎(すぎのや)ビール」は、「自分たちが飲みたいビールを造ろう!」をモットーに、140年以上の歴史ある酒蔵で、酒造りの職人がその技術の粋を合わせて造った地ビールです。

種類は、金賞受賞のアンバーエール、ホップの香りのきいたペールエール、 まろやかでほろ苦いスタウトの3種類。その他、季節にあったビールもたびたび登場します。できたてが一番のおすすめなので、是非「麦酒工房」まで!

『浜地酒造株式会社』
http://www.suginoya.co.jp/info.html

【長崎】長崎グラバービール

nagasaki
画像出典:http://www.city.nagasaki.lg.jp/nagazine/hakken0209/index3.html

「長崎グラバービール」は、ビール発祥の地でもある長崎で生まれた地ビールです。グラバー、出島、ウォーカーの3種類が好評を博していました。

しかし、醸造所である「長崎麦酒(株)」は閉店してしまったため、幻の地ビールとなってしまいました……。ただ、様々なイベントを行っている「グラバーガーデン」のビアガーデンでなら飲めるので、是非足を運んでみて下さい!

『グラバーガーデン』
http://www.glover-garden.jp/

【佐賀】有田ビール

「有田ビール」は、宗政酒造が造る有田ポーセリンパーク内で飲める地ビールです。

種類としては、ピルスナーと黒ビールがあり、ほろ苦さの中にキレ味があるのでグビグビ飲み進められます。ネット販売などは行われていないので、有田ポーセリンパークに遊びに行った人しか味わうことができません。

『有田ポーセリンパーク』
http://www.nonnoko.com/index.html

【熊本】阿蘇ビール

「阿蘇ビール」は、阿蘇の伏流水を使った自然の恵み豊かな地ビールです。

健康の専門家が作った大自然テーマパーク「阿蘇ファームランド」で思い切り楽しんで、最後に地ビールで締める。こんな贅沢なプランもできてしまいます。自然と健康のテーマパーク内では、常時6種類もの阿蘇ビールが頂けるので、是非遊びにいってみましょう!

『㈱阿蘇ファームランド』
http://www.asofarmland.co.jp/

【大分】ゆふいんビール

「ゆふいんビール」は、温泉でも有名な湯布院で、自然豊かな環境を活かして造られた本格的な地ビールです。

口に含んだ瞬間は芳醇でまろやか、そして飲んだ後には爽やかなのどごしを楽しめます。厳選された本格地ビールを、温泉に浸かった後に一杯いかがですか?

『ゆふいんビール株式会社』
http://www.yufuinbeer.co.jp/index.html

【宮崎】ひでじビール

「ひでじビール」は、化学保存料や発酵促進剤などは一切使わずに、安心安全に製造された地ビールです。

完全自家培養のビール酵母と地元の山の恵み“行縢山水”を使用し、その土地ならではの味わいを引き出しているのが特徴。

シンプルながらも奥深い。そんなこだわりの詰まった逸品です。

『株式会社ニシダ』
http://www.hideji-beer.jp/index.html

【鹿児島】霧島高原ビール

「霧島高原ビール」は、チェコの麦芽とホップを使用した地ビールです。ピルスナービールの本場であるチェコの古典的手法「デコクッション」という方法で2回に分け煮出しし、低温で長期発酵するという手間と時間のかかる製造方法をとっています。

時間をかけて造り上げる分、そこから生まれるコクと抜群のキレ味、さらにクリーミーで泡持ちが日本一と言える最高峰の地ビールが生まれるのです。

『霧島高原ビール株式会社』
http://praha-gen.com/

【沖縄】石垣島ビール

蔵出し#石垣島 #石垣島ビール #beer #ビール越しの #blueskyblue #絶対領域 #石垣島地ビール

caorinobeerさん(@caorinobeer)が投稿した写真 –

「石垣島ビール」は、平成6年に創業した地ビールで、ドイツの「ダックスブライ社」と提携し、現在では多様な種類を発売しています。

ビール酵母によるサプリメント効果を引き出し、ろ過しないことで栄養たっぷりのビールに仕上がっています。マリンビール、石垣島地ビール、夕暮れ海岸ビールなど海をイメージできるラインナップが揃っているので、沖縄の海をつまみに飲み比べてみましょう!

『石垣島ビール株式会社』
http://ishigaki-beer.com/

地ビールを飲んで、その地域の良さを知ろう

見ているだけで地ビールが飲みたくなってきましたね。どれもが地元の水や材料を使っているので、今回紹介した種類だけでも味は47通り。全ビールのコンプリートを目指して、どれが一番自分好みなのか追求してみるのもいいかもしれません。

各県で醸造されている地ビールというのは、いわばその“地域の代表選手”。地元で造ったお酒が県内に浸透し、全国へと展開していけば、地域から“日本代表の選手”となって県の発展に繋がります。それぞれの土地の酒好きたちが一生懸命育てた選手たちを、是非一度手に取ってみてください。

SHARE :
1
この記事をSNSでシェアする :

この記事を読んだ後に
よく読まれています!RECOMEND TOPICS